アトピー性皮膚炎が乳酸菌と乳製品で悪化!?

乳酸菌と乳製品の違いについて

geri

乳酸菌の効果が期待できる対象者は、下痢だたっり便秘だったり、もしくは両方の排出機能に異常がみられる人たちです。いわゆる腸内環境が悪化している場合です。その悪化からアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を誘発させる原因です。

 

 

そのアトピー性皮膚炎でお悩みの方々にとって乳酸菌はアトピーの改善にイイとされていますが、全ての人に効果があるわけじゃない事も知っておいた方がイイでしょう。

 

乳酸菌にはたくさんの種類があり、ご自身のアレルギー体質との相性が最も合う乳酸菌を選択しなければ逆にアトピー性皮膚炎なども悪化する事も考えられます。
乳酸菌の数だけその相性も様々だからです。

 

分かり易い例が、食事によって摂取する乳酸菌、いわゆる乳製品はアトピー性皮膚炎なのどアレルギー症状を発生させる事があります。

 

 

そもそも乳製品とはなにか?

 

乳製品は主に牛乳を主成分とする食品の事を指します。例えばチーズ、バター、生クリームなどなど。

 

これに対して乳酸菌とは専門的な表現ですが牛乳を分解する細菌です。

 

乳酸菌がアトピー性皮膚炎を悪化させると勘違いされている人も多いようですが、牛乳の成分であるカゼインと言われるモノがアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を起こす要因であり、それが牛乳を主成分とする乳製品です。しかしアトピー性皮膚炎の方にとって乳酸菌にはそのカゼインは含まれていないのでアレルギーには何も影響しません。

 

ゆえにヨーグルトは牛乳を主成分としている乳製品であり、アトピー性皮膚炎を悪化させる乳製品アレルギー、いわゆる牛乳アレルギーの人の人にはおすすめ出来ません。

 

そこの所を勘違いして、乳酸菌=乳製品と一緒に人いる人たちです。

 

ぬか漬けキムチにも乳酸菌には含まれていますが上記の乳酸菌アレルギーの人でも問題なく食べる事が出来るのもその理由からです。

 

また日本人は欧米人と比べると乳製品を摂取し始めた歴史が長くない為、乳糖と言われるブドウ糖とガラクトースが結合した二糖に対して消化に使われる酵素が少ないとされています。(消火酵素)アトピー性皮膚炎の方だけでなく、ヨーグルトやミルクで下痢をするような人は乳製品を摂取しない方がイイかもしれません。

 

まとめると乳酸菌の摂取はアトピー性皮膚炎に改善効果があるけど、乳製品を選ぶ時は牛乳アレルギーの人はお気を付け下さい。

 

 

乳酸菌≠乳製品

 

 

 

ちょっとした豆知識

 

最後にあまり日本では知られていませんが、米国やヨーロッパの方では、乳製品の摂取する事に否定的な人も多いです。その理由はミルクなどの乳製品をよく飲む人は、アトピー性皮膚炎とかのアレルギー疾患や腸内環境を悪化させる割合が飲まない人と比べて多いそうです。その他、ガンや骨粗しょう症、糖尿病にもなりやすいとも言われています。