乳酸菌とビフィズス菌の違いをシンプルに解説

乳酸菌とビフィズス菌の違いをシンプルに解説

research

今回は、乳酸菌とビフィズス菌の違いについて説明していきます。

 

とちょっと偉そうにいいましたが、

 

つい先日まで乳酸菌とビフィズス菌は同じものと思っていた私。

 

その理由に乳酸菌に興味を持ち始めてリサーチしていくとヨーグルトはもちろんビフィズス菌って単語が頻繁に目につく。

 

要は同じモノと勝手に解釈していたけど実際は別モノだった。

 

専門的なところまで深堀りして知る必要はないけど、乳酸菌でも腸に届くか届かないかで効果が全く違ってくるように

 

ビフィズス菌と乳酸菌、どのような違いがあるか消費者目線で必要な部分だけシンプルに解説しますね。

 

 

ビフィズス菌は乳酸菌同様に糖を分解しますが、その他に酢酸ってもの一緒に生成するみたい。

 

最も両者の大きな特徴と言えば、体中に存在する乳酸菌に対して、ビフィズス菌は大腸のみに存在します。

 

また酵素をもつ乳酸菌ですが、ビフィズス菌には酵素がありません。

 

そもそも乳酸菌の細菌は酵素のあるとこでも死滅しませんが、ビフィズス菌の細菌は死滅しちゃいます。

 

 

乳酸菌

両細菌の比較

ビフィズス菌

@

乳酸菌
A0.1%以下
Bやや弱い
C植物や動物、自然界に広く棲息
D乳酸
Eビフィズス菌が棲息しやすい環境作り

 

 

 

 

 

 

 

 

@細菌の拡大図

 

 

 

 

 

 

A腸内善玉菌占有率
B胃酸に対して
C棲息箇所
D生成するもの
E効果・機能

@

ビフィズス菌
A99.9%以上
B弱い
C人間や動物の腸内
D酢酸、乳酸、ビタミンB群、葉酸
E腸内環境を整え便秘、下痢を改善、免疫力アップ

 

 

こう聞けば乳酸菌の方がビフィズス菌より優れているように思えますが、乳酸菌にも弱点があり腸に長く存在できない性質があります。

 

反面、ビフィズス菌は大腸にのみ存在しているので、いわばホームみたいなモノで常に活発に存在しています。

 

しかしサプリメントとか外部から摂取したビフィズス菌は、乳酸菌同様にすぐに排出されるようです。

 

 

大腸に常時存在するビフィズス菌も年齢とともに減ってくるようです。そうなると悪玉菌が活発して大腸内の健康を妨げるようになるようです。

 

可能な限り定期的なビフィズス菌の摂取をおすすめします。

 

ビフィズス菌のように常時存在できない乳酸菌は年齢と関係なく、つね日頃から摂取する事が健康維持の秘訣だそうです。

 

 

要は『乳酸菌』も『ビフィズス菌』も人間の体には必要ってことね。(^_-)-☆

 

 

お手軽に乳酸菌を摂取したいならコチラ

 

 

 

  1. アトピー性皮膚炎の人
  2. 風邪・インフルエンザに気をつけている人
  3. ストレスで肌の調子が良くない人
  4. コレステロールや血糖値の上昇が気になる人
  5. 腸の調子を整えたい人

 

 

ご興味がある方は、ぜひお試し下さい。