アトピー性皮膚炎と乳酸菌の関係が気になる方へ

アトピー性皮膚炎と乳酸菌の関係が気になる方へ

偶然にもこのサイトに訪れてきた方々は、きっとアトピー性皮膚炎で悩まれている人だとお察し致します。

 

research

特にこのページ「アトピー性皮膚炎乳酸菌の関係」を閲覧されている方は、

 

乳酸菌との因果関係を調べているか、もしくはそれを疑っているか人だと思われます。(p_-)

 

正直、私自身も専門家でないのでハッキリと申し上げる事はできませんが、

 

出来るだけ客観的な証拠に基づき、調べた事実を当記事に記載していこうと思います。

 

 

そもそもアトピー性皮膚炎とは?

 

 

この部分については私以上に訪問者の方々の方が詳しいと思うので割愛します。

 

 

では、乳酸菌とは何んなの?

 

 

一番わかりやすく説明していたのがダノン・ヨーグルトさんのサイト

 

 

乳酸菌は一言でいえば細菌です。そう生き物なのです!

acid

 

とは言っても植物や動物のような生き物じゃなく、たった1つの細胞からなった生き物。

 

だから目に見えないほどの大きさです。その乳酸菌ってのには名前の由縁の通り、乳酸を作る事ができる細菌の事を言います。

 

それが人体にとっても良い働きをするそうですよ。

 

 

ざっとこんな感じで乳酸菌を知って頂いた所で、次のテーマは

 

 

じゃあ、なぜ乳酸菌は人間の体に良いんでしょうか?

 

 

それは、乳酸菌の細菌が腸などの消化管(腸内)や膣の内に常在して、他の病原微生物と互いに張り合う=拮抗(きっこう)する事で腸内環境の恒常性維持に役立っているらしいです。

 

 

この恒常性維持ってのが最初判りにくかったのですが、恒(つね)に常(つね)の状態にいようとする事のようです。

 

 

例えば、体温が上がり過ぎようとすれば戻そうとするし、逆に体温が下がろうとすれば上げようとするし

 

血糖値が上がり過ぎると戻ろうとするし血糖値が下がると元に戻そうとします

 

 

無意識で自分たちの生命を維持する為に「昨日」と同じ状態に「今日」もあらんとするような事です。

 

 

 

そのような力を恒常性維持と言い、別の専門用語ではホメオスタシスとも言われているようです。

 

 

 

 

で、結論となりますが、

 

乳酸菌はアレルギーを引き起こす元となるIgE抗体(アレルギー反応に関係する抗体の事)が体の中で生成されるのを抑制して免疫機能を修正してくれるようです。

 

そしてこの効果を最大に高める為には毎日の乳酸菌を摂取する事とが大事になるそうです。習慣的に摂取される事をお勧めします。

 

kid

※注意

甘味料が入ったヨーグルトは、アレルギーを誘発する可能性があるようなのでお勧め致しません。

 

乳製品がアレルゲンと判っているいる人も、避けた方が無難かもしれませんね。

 

★☆★ カスピ海ヨーグルトで毎日すっきり! ★☆★

朝、すっきりしない方へ。カスピ海ヨーグルトの乳酸菌をギューッと凝縮した

善玉菌のチカラがお得に続けられます。→先着1000名様にステキなプレゼント