ヨーグルト(乳酸菌)とアトピー性皮膚炎のネット上の口コミ

ヨーグルトとアトピー性皮膚炎の情報まとめ

アトピー性皮膚炎に効果のあるとされるヨーグルトのネット上での口コミを探してみました。

 


ヨーグルトの菌は各社多様で、中には自分に効果の無いヨーグルトもあるそうです。

 


アトピーと言えば、タカナシ乳業から出てる【おなかへGG】
これを食べ初めて1年以上たちますが、赤みもすっかりなくなった。

 


アトピー性皮膚炎は青魚を食べると効果があるとTV言っていた。

 


ヨーグルトは、逆にアレルギーの反応がある場合もある事に注意が必要。

 


牛乳はアレルギーになるが、ヨーグルトは体に良いと信じて、アトピー性皮膚炎患者の中にはヨーグルトを毎日口にしてういる方も多い。しかしながらヨーグルトも安心して食べる訳には行かない。その理由はヨーグルトの原料が牛乳だからである。日本人がヨーグルトを食べることは、。欧州系の人が食べるのとは違うと考えたほうが良いかもしれない。最近のヨーグルトは砂糖や果物をいれて甘くしたものが多いから、そのようなヨーグルトは菓子と見なした方が良いと思う。

 


なぜ健康に良い乳酸菌の一種のビフィズス菌が肌に悪いかというと、それは、ビフィズス菌がビオチン(ビタミンH)を食べてしまうからです。
ビオチンが不足すると、汗疱やアトピー性皮膚炎、掌蹠膿疱症といった皮膚疾患が現れる場合があります。

 


牛乳やヨーグルトなどの乳製品は栄養価が高いこともあって健康的な食品だと思われがちですが、人によってはアレルギーやアトピー性皮膚炎の原因になることがあり、かえって症状を悪化させることもある。

 

 

アトピー性皮膚炎でヨーグルト効果が期待できる乳酸菌

 

L-55乳酸菌 (L-55生乳ヨーグルト) 【オハヨー乳業 】

 

LGG乳酸菌 (おなかへGG!) 【タカナシ乳業株式会社】

 

ビフィズス菌LKM512 (メイトーヨーグルトおなかで増えるLKM512) 【協同乳業株式会社】

 

ビフィズス菌BB536 (ビヒダス) 【森永乳業株式会社】

 

 

アトピー性皮膚炎に効果がある市販ヨーグルト

 

メイト― おなかにおいしいヨーグルト
 
ビフィズス菌LKM512はアトピーに良い
 
 
 

 

タカナシヨーグルト おなかへGG!
 
LGG乳酸菌が含まれ、それぞれアトピー性皮膚炎などの抑制などに役立ちます。