アトピー性皮膚炎に黄色ブドウ球菌対策が有効か

アトピー性皮膚炎に黄色ブドウ球菌対策が有効か!?

アトピー性皮膚炎関連の明るいニュースがあったのでシェアします。

 

この度、慶大の研究チームがアトピー性皮膚炎に黄色ブドウ球菌対策が有効だと思われる研究発表があった。

 

詳細記事↓

 

黄色ブドウ球菌対策が有効か=アトピー性皮膚炎―慶大など

 

atopinews
News記事ここまで

 

文脈に難しい専門用語を使われており、ちょっと解り辛かったので色々と調べてみた。

 

そもそも黄色ブドウ球菌とは?

 

黄色ブドウ球菌(おうしょくブドウきゅうきん、Staphylococcus aureus)とは、ヒトや動物の皮膚、消化管(腸)常在菌(腸内細菌)であるブドウ球菌の一つ。
ヒトの膿瘍等の様々な表皮感染症や食中毒、また肺炎、髄膜炎、敗血症等致死的となるような感染症の起因菌でもある。学名はStaphylococcus aureus(スタフィロコッカス・アウレウス)。属名StaphylococcusのStaphylo-は「ブドウの房状の」、coccusは「球菌」の意であり、種小名aureusは「黄金色の」を意味する(金の元素記号や、オーロラなどと同じ語源)。by Wikipedia

budou

 

 

黄色ブドウ球菌の医学的特徴

 

黄色ブドウ球菌は人体の皮膚表面、毛孔に存在する。特に鼻腔内に存在する常在細菌であり、約30%?100%のヒトが保有していると言われる(諸説あり)。ヒトの皮膚に常在するブドウ球菌の中では毒性が高く、他のブドウ球菌では健常者に対して病気を起こさない(ただし日和見感染を起こすことはある)のに対し、黄色ブドウ球菌は健常者に対しても病気を起こしうる。ただし黄色ブドウ球菌も、健常者では通常の生育場所である皮膚表面や鼻腔などでの増殖自体が発病につながることは少なく、創傷部などから体内に侵入した場合に発病することが多い。感染力は強い部類に属するが、菌が少なければ通常その毒性は弱い。

 

 

う〜ん、調べれば調べるほど混乱する〜(汗)

 

budou

 

要点だけにしぼって、

 

うちの子に関係ある皮膚感染症と黄色ブドウ球菌の関係だけにフォーカスしてピックアップしてみた。

 

黄色ブドウ球菌による感染症としては頻度が高く、正常な免疫を持つヒトにもしばしば発症する。

 

皮膚感染症のうち最も表面に近い部分に起こるのが伝染性膿痂疹(Impetigo、「とびひ」)である。皮膚表面にべったりとした黄色の膿痂(かさぶた)を伴ったびらんが現れる。びらんは痛痒いため、特に小児ではこのびらんを掻破してしまう。びらんを掻破した爪で他の健常皮膚面を掻破することにより、その健常皮膚面に新たなびらんを形成する。こうして病巣が播種していくのが「伝染性」膿痂疹の特徴である。

 

毛孔から感染し、毛嚢およびその周囲の真皮・皮下組織の一部に炎症を起こすのが?(せつ、Furuncle)である。?が複数の毛孔におよび、癒合したものは癰(よう、Carbuncle)と呼ばれる。特に顔面にできた?や癰は面疔と呼ばれ、放置すると髄膜炎を起こす危険があるため、確実な治療が必要とされる。

 

表皮内部に感染を起こすのが蜂窩織炎(蜂巣炎)である。通常の細胞構造を細菌及び炎症細胞が破壊し、「蜂の巣」状の病理組織を形成することがこの名の由来である。蜂窩織炎の局所は発赤・腫脹し、熱感と疼痛を伴う。境界はやや不明瞭であることが多い(A群β溶血性連鎖球菌で起こる丹毒では境界明瞭である)。

 

膿痂疹は局所を消毒し、掻破しないように心がけるだけでも治ることがある。他の皮膚感染症には抗菌薬の投与が必要である。ペニシリン系のクロキサシリン (MCIPC)、スルバクタム/アンピシリン合剤 (SBT/ABPC)、第1世代セフェムのセファゾリン (CEZ) などが通常用いられる。正常な免疫を持つ患者ではMRSAによる皮膚感染の頻度は低く、治療の最初から抗MRSA薬を用いることはしない。

 

 

今回のニュースでは慶大の実験で、この正常な免疫を持つ人にも発生する黄色ブドウ球菌が異常に増えてアトピー性皮膚炎とよく似た症状が発症している事が分かったみたい。今後はその皮膚の細菌を正常化することでアトピー性皮膚炎を改善することができるというアトピーで悩まされてるご家族を持つ方々にとっても朗報なニュースです。

 

ただ細菌を退治する抗生物質を使うと、腸内の細菌群に悪影響が及ぶとみられ、工夫が必要になるというみたいだからもうしばらく研究が必要みたい。

 

近い未来、アトピー性皮膚炎で悩むお子さんやそのご家族がみんな笑顔で過ごせるようになったらいいな

 

budou

 

とりあえず、かゆみ対策として、うちの子にはコチラを試しています。